「夫年収1000万で妻は専業主婦。だから俺は家事しなくていい」にサラリーマンが物申す!

こんにちは、穂北ヨシフミ( @hokitayoshifumi )といいます。家事や育児をやる父親を増やしたいと思っている、イクメンサラリーマンブロガーです。

今回は「#メリラボ」で書くことになりました。よろしくお願いいたします。

さて、先日、こんな記事を目にしました。

年収1千万円の既婚男性です。妻は専業主婦で、子どもは1人。私の母と同居しています。家のローンは私の給料から支払っています。

それにもかかわらず、妻は共働き夫婦の場合と同じように、あれもこれもと家事を分担するよう私にいってきます。おかげで、休日がいちばん負担。専業主婦は、家事をやってしかるべきなのではないのでしょうか?

引用元:東洋経済ONLINE | 「年収1000万円」の夫が家事分担に抱く不満より

年収1000万円稼いでいる夫が妻から家事をしろと頼まれて、嫌だと言っています。

いやー、うーん…この発想って、おかしいですよ。

イクメンサラリーマンの僕が、「年収1000万だから、妻が専業主婦だから、夫は家事とか育児をしなくていい」をぶった斬りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

専業主婦の妻を持つ夫(年収1000万)は家事をしなくていいのか?

引用元の記事では寄せられたこのお悩みに対し、心理学准教授が色んな角度から指摘したり助言を与えています。

コメントには妻側の厳しい意見も数多く寄せられています。

そこで今回は、サラリーマンの僕が相談者と同じような立場にいる人間として「年収1000万円なんだから、専業主婦の妻に家事を丸投げしてOK」という考えはおかしい!と異論を唱えます。

「妻から家事を頼まれて嫌だ」って愚痴る夫には、年収1000万の資質がない

まずはこれ。年収1000万円あるっていることは、稼げる人、つまり優秀なビジネスパーソンのはずですよね。彼はどうでしょうか。

奥様から「家事をしてほしい」などとしょうもない文句を言われ、なんか愚痴みたいなことを呟いていますね。

これが優秀なビジネスパーソンのやることでしょうか?

どうしても家事とか育児をやりたくないのであれば、育児をしなくていい理由を並び立て、きちんと折衝して、奥様と自分とで納得できる落としどころを見つければいいだけです。

優秀じゃない「普通の」ビジネスパーソンですら、「普通に」仕事としてそんなことできますよ。それもできずに愚痴ばっかり言っているようでは、たいして仕事のできる人間ではないですね。

思うに、高学歴で大企業に入れたけど能力は並以下、長く働いたがためだけに高収入になったパターン

僕の会社にもこういう人たちは山のようにいます。折衝なんて大企業のネームバリューだけでうまくいっちゃうから、適当にやっててもOKなんじゃないでしょうか。

一番身近な人の満足も得られず不満ごとを言われる時点で、「仕事できる人」像からはほど遠い。

ひょっとして妻という最重要顧客からの要求だから、きつくても我慢してるんでしょうか?もしそうだったら、愚痴言わないでくださいね。

「自分が食わせている」はまっっっっったく特別視される要素がない

そもそもですが、「自分が稼いだ金で家族を食わせている」といって家庭内で偉そうにする人がいるんですけど、これっておかしくないですか?偉くもないし、自慢できることでもないですよ。

だって世の中の男性はみんな、そうやって自分の稼いだ金で家族を養っているじゃないですか。

「ふつう」なんですよ。ごくごく一般的。

なんで普通なのに偉そうにできるのか、意味がわかりません。偉そうにしたいならこの「食わせている」という普通状態よりも、多少なりとも上に行きたいものですね。

はい出たドン!育児休業を取るとかどうでしょうか

育児休業を取ったことがある男性は、なんとたった2.65%なんです。40人に1人。すごく貴重ですね。1000万稼ぐ人よりも、かなり少ない。

※平成23年の[]の数字は内の割合は、岩手県、宮城県及び福島県を除く全国の結果。

引用元:厚生労働省「平成27年度雇用均等基本調査」より

これは家庭内のみならず、社会的に特別待遇を受けてもいいレベルです。お金は稼ぐし、家事も育児もやる夫。時代の流れにばっちり対応しています。

最近では大企業でもダイバーシティを推奨する動きもありますし、中小企業では育児休業を取ると報奨金がもらえたりもします

たぶん、奥様は「自慢の夫」を周りに触れ込みますよ~。周囲から羨望のまなざしで見られることでしょう。

誰のおかげで1000万円稼げてるんですか?

とはいえ彼は1000万も稼いできているんだから、自分はよその家よりも裕福な暮らしをさせてやっているとでも思っているんでしょう。

しかしよく考えてください。すでに書いた通り彼は仕事できない人なので、年収1000万円は、まあ長時間労働の賜物でしょう。自分がそんな長時間働けるのは、家事をやってくれている奥様がいてのことではないですか?

帰ったらごはん作って待ってくれているんでしょう?

長時間労働をやってこられるように、色々ケアしてくれているんじゃないですか?

1000万円の内、何百万かは奥様の力によるものです。なら奥様がしている家事の何割かくらい、分担したらどうですか?

「稼ぐ」という価値活動に協力してくれている奥様が、「家事」という価値活動に協力してほしいといったら、やればいいじゃないですか。ギブアンドテイクです。これも、ビジネスでは基本ですよね。

やらない理由、あります?

やりたくない仕事やってもらって、労いの一つもないんじゃ?

まあ僕は、「食わせてやっている」夫が家事をやらない理由はわかっています。やりたくないからですよね。家事、まじでめんどくさいですもんね。

だから結局のところ、「稼いでる」を言い訳にして、やりたくないことを避けているだけですよね?

気持ちはわかりますよ~。僕も苦手な家事(布団のカバー掛けが死ぬほど嫌い)をやってて、やりたくなさ過ぎて気が狂いそうになることがあります。

ではその超絶めんどくさいことをやってくれている奥様に、何とも思わないんでしょうか?

めんどくさい、自分がやりたくないことをやってもらってるのに、感謝の一つも言ってないんでは?なんの労いもないんでは?だから、不満ごとを言われるんですよ。

会社でも、めんどくさい仕事を部下に振って、かつ、やってもらって「当たり前」とか思ってるんでしょう。だから仕事できないんですよ。典型的なダメ上司じゃないですか。

そんな態度だから、奥様からも稼いできて「当たり前」と思われ、当たり前では満足できないから、家事もやってよって言われるんです。因果応報とはこのこと。

仕事も家庭も関係なく、人間というのは一人では小さいことしかできないんです。だったらせめて、周りにいる人たちを尊重するという意識くらいは持ちたいですね。

1000万円稼ぐって、家族のためじゃなくて、自分のためでしょ?

こうなってくると、本当に家族を満足させるために稼いでいるのか、怪しいもんです。単に自分が1000万稼いでいると自慢したいだけじゃないですか?だって家族のことが見えているとは思えないですよ。

結局のところ、彼は自分大好きで、自分のために働き、そのついでに自分勝手な判断基準で家族を「満足させてやっている」と思い込んでいるのです。

相手の気持ちになってみてください。「食わせ方」「養い方」にも質というものがあります。極端なことをいうと、「年間1000万円あげるから、俺の奴隷になれ」って言われたら、どうですか?

いい気分になる人はいませんよね。「俺が食わせている」とか、割と近いこと言ってる気がしますけど。

ビジネスシーンでいうと、上司からあきらかに「俺の成果のために働け」感が出てたら反発したくなりませんか?自分の成果のために部下を利用するような上司なんて、誰がついていきたいでしょうか。飲み会があれば、会話の8割くらいがその人の悪口で占められる、酒の肴系上司ですね。

もともとは大切にしたいと思って、自分が選んで家族になったんだと思います。今一度、自分の今の態度が本当に相手のためのものなのか、きちんと考え直してはどうでしょうか。

スポンサーリンク

最後に:男性が家庭に与えられる価値は、お金だけじゃないですよ

お金を稼いでくるのも、家事や育児をするのも、家族という組織に対しては同じように価値があることです。

言い換えると、家族に与えることのできる価値は、お金だけではありません。

もし奥様が「年収が減ってもいいから、残業を減らして早く帰宅して家事をやってほしい。」というのであれば、そうするべきです。

「ありがとう」が毎日あるだけでいいという場合もあります。家事や育児について一緒に悩んでくれるだけでいい、という場合だってあります。これらはとっても簡単なことですね。

ビジネスの基本がそうであるように、相手の気持ちをよーく考え、相手が求めている価値を与えるべきです。これができる人は、ビジネスでは仕事ができる人、家庭では良い夫だと言われます。

なので、まずやるべきことは、夫婦で今後の家族運営について話してみることだと思います。

妻が一体何を求めているのか、そしてその実現性は?自分は何をやめるべきか?それとも妻に何をやめてもらうべきか?

妻のニーズを引き出し、自分の状況と照らし合わせ、最適なプランを提案してください。

仕事で運営会議をやるよりもずーっと簡単ですし、良い合意が得られれば今後「家事をやれ」などという無用の依頼をうけなくて済むようになるでしょう。自分自身も楽になります。

ビジネスにおける、価値に対する報酬は当然お金です。

では家庭の場合はというと「人生の楽しさ」です。

与えた価値の分だけ、自分の人生、もっと身近にいうと「普段の生活の快適さ」に跳ね返ってきますよ。与える価値が良いものであればあるほど、家族は自分の人生を楽しくしてくれるでしょう。

人間関係を改善するのはいつだって対話です。難しくないですよ。だって相手は人生のパートナーですから。


今回の記事は、穂北ヨシフミさん(Twitter:@hokitayoshifumi)さんに寄稿していただきました。

私自身が主婦なので、男性の立場でこうもバッサリ言い切っていただけると嬉しい。笑

お互いがお互いの仕事や家事を「当たり前」と思っていないか?感謝しているか?私は夫へもっとストレートに感謝の気持ちを伝えなきゃ!って反省しました。

ヨシフミさんは、育児世帯に向けて現在の生活をより良いものに変化させるための情報を発信する『生活を加速するブログ』を運営されています。

仕事と育児・家事を無理なく両立させるための考え方はとても参考になりますし、女性の立場で読ませていただくと「こんな風に全力で家庭に向き合ってくれるパパって良いなぁ。」と嬉しく頼もしい気持ちになります。

特にこの「父親がイヤイヤ期の子どもとガチで向きあったら泣かされた」は、もらい泣きしました(涙)

育児世代の男性がどんな風に家族や仕事について考えているのか知りたい!という方は是非ヨシフミさんのブログを読んでみて下さいね。

ヨシフミさん、今回はありがとうございました!^^

>>#メリラボでは随時寄稿してくださる方を募集しています。詳細はコチラをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で