サラリーマンの昼食代が500円でママ友ランチが1000円でもイイじゃない♪笑って許せ!

lunch

マクドナルドが新しいセットを始めましたね、コンビ?

ポテトがなくてハンバーガーとドリンクSサイズの2点セットで割安にってことだけど、小食な女子向けにも適量になってってことだけど、

たまーーーーーーにあのジャンキーなポテトが無性に食べたくなったとき以外、マクドに行く理由が見当たらないので絶対に買わないセット内容だわ。

妊娠中は悪阻の合間にフライドポテトとジンジャエールが神コンビだったのに、いつの間にかジンジャエールも消えたよね?

メニュー考えてる人とはとことん気が合わんのだろう。

こんにちは、メリッサです。

皆さんは平日のお昼ご飯、何を食べますか?

サラリーマンの昼食代金が平均500~600円とかたまにワイドショーで見かけますが、あれってホント?

500円×20日で10,000円以上もお昼ご飯に使うの?

って思ってしまうのは、私が庶民過ぎるのでしょうか。

対してママ友ランチの平均金額は1,000~1,500円くらいだそうで。

働いている夫の2~3倍の値段のお昼ご飯だなんて贅沢だ!!という声が聞こえてきそう。

まぁでも許してちょ(๑´ε`๑)∗.♪

男性には広い心で「友達とランチ?楽しんでおいで~♪」と送り出していただきたいので、主婦の現実を見ていただいて、その上で判断してもらおうと思います!

ママ友ランチ1,000円、アリですか?ナシですか??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

主婦の普段の昼食を晒す!え、こんなの私だけ?

以前は夫にお弁当を持たせていたんですけどね~。(遠い目)

妊娠中の安静といわれたときも産後の1ヶ月検診もまだって時期も作り続けていたのですが、なんかそれが「当たり前」って思われることが納得できなくてやめました。

三男が生まれて長男が幼稚園に入って、しばらくした頃だったと思うので3年くらい前の話です。

たまに気が向いたら作るし、職場の近くを用事で通るときに差し入れしたりとかもするけど、『義務』みたいな雰囲気がなくなって私のモヤモヤも晴れたので、辞めてよかったです。

夫には辞めるとも理由も伝えていませんが、何も言わないので問題なし。笑

最近は近所のドラッグストアorコンビニで、手軽に済ませているそうです。

たまに自分へのご褒美に260円のソーセージフランスを買うのが嬉しいという話をしてくれました。

普段、何食べてんの? 

サラリーマンの昼食とママ友ランチを比べるのがそもそもって話。

サラリーマンの昼食は平日ほぼ毎日の話、ママ友ランチは月1回程度。(え、もっと?)

それを比べてしまうから話がおかしくなるのであって、そもそも比べること自体がナンセンスですよね。

ちなみに私はママ友ランチで外食に行く、なーんてことがこの数年で数回・・・っていう人間なので語り手として不充分感は否めませんが、別に泣いてません。

外食はしなくても持ち寄りでお喋りしながらご飯食べたり、「あ、ごめんそろそろお昼やんねー。え?うそーん♡いいのー?ご馳走になっちゃって~♪♪」とママ友作のランチをいただきながらお昼をまたいで喋り倒すこともあります。

あと、えーっとあと、、、(必死か。)

とにかく、孤独じゃないのでご心配なく。

だけどね、月1~2回ママがお友達とお外でおいしいランチを食べたってええやん?と思っています。

私は倹約家だから行かないわけではなくただ機会に恵まれていないだけで(あ、言ってもた)、1,000円だろうが1,500円だろうがケチケチ言ってないで行かせたれよ旦那、という考え。

女はとにかく話をしてスッキリする生き物で、毎日喋り相手が子供だけだと不完全燃焼です。

夫相手に話したらええやんと言われそうだけれども、ただ共感して欲しいだけの「大変やってんなぁ。」って言って欲しいだけの話に、さも知ったような顔でアドバイスされるのが分かっているので、却下。(そんなん要らん。)

何の脈略もない「ホンマぁ~。まじでー?」で1週間もすれば忘れるような内容でも、女同士で時間を忘れて喋り倒した後のあの得も言えぬスッキリ感は旦那じゃ無理。

男同士でだって飲みに行くでしょ?

月に何度か知らんけど、帰りにちょっと寄ってくることあるでしょ?

それを子供たちが幼稚園や学校に行っている昼間にやってるって考えたら、1,000円のランチだと割安に思えるよね。

アルコールも入らない(ことが多いだろう)し、健全!

主婦の昼食、知りたいですか?

お昼ごはんを毎日自分のためだけに作っている主婦ってーのは、世の中にどれくらいいてるんでしょうね。

それが大多数だというのなら、夏休みだろうと急な夫の休みだろうと「はぁ・・・」ってなる必要はないわけで。

「おかず1品じゃ流石にアレか。」

「昨日の残りとか食べさせるわけにいかんか・・・。」

って考えちゃう。

考えちゃうけれども昼食作りに30分も1時間もかける気力はない。

焼きそば・パスタ・オムライス辺りがローテーションになっても、「また?」って顔せんような条例作って。

では普段何を食べてんねん!と聞かれそうなので、晒しましょう!

夏休みが終わってから、家にいるのが私と末娘だけのときの昼食をお見せします。

末娘は昼食時間がお昼寝にかぶってることも多いので、大抵別メニューです。

1日目:焼肉どーーーん!

lunch0478

すみません、初日なもので見栄張りました。(コレで!!?)

普段プチトマトと水菜で彩りを考えたりとか皆無です。

肉野菜炒めを作るときにチョコっとだけ残しておいて、タレかけて焼いてご飯にのっけただけのスタミナ昼食。

お料理の所要時間は3分程度。

ちなみにごはんは朝ごはんの残り。

2日目:シンプルにTKG

lunch_0485

「卵かけごはんは炊き立てのご飯じゃなきゃ!」っていうあの頃のこだわりはどこへ行ってしまったんだろう・・・?

主婦の救世主。冷凍うどんとTKG。

3日目:お弁当の残りものspecial!

lunch_0482

めっちゃ豪華なプレートおかずのランチ!!!と見せ掛けておいて、息子たちのお弁当のおかずの残り物が全てです。

マッシュポテトに魚のフライに和風プレーンオムレツ(普通の卵焼きや)にブロッコリーに豚肉と卵のしょうが焼き。

卵を使って2品。バランスーー!!

4日目:チップスター

lunch_0537

もはや、ごはんじゃなくなった・・・。

チップスターってあれやろ?

めっちゃ美人さんやけど気取らない奥様がママ友とお喋りしながら食べるやつ。

一人でPCに向かいながらバリバリ食べて「あ、キーボードの上に落ちた(汗)」ってなるやつでもあるみたいですよ?

5日目:朝食の残り物special!

lunch0921

朝食に準備したものの、食べてもらえなった子達はもれなく私の胃袋へ。

冷奴のじゃこのせに関しては夕飯の残り。

もうご飯も茶碗に移してもらえないっていう・・・。(みんなの「あるある。」っていう言葉が私の励みになります。)

翌朝用の明太子を一足お先にいただくことにして、ちょっと優越感に浸りました。

6日目:名店のまかない風TKG

lunch_2008

ただの卵かけごはんと侮ることなかれ。

教えたくなかったんですけど、教えてあげます。

これ、ヒルナンデスで以前やっていた名店のまかない飯のレシピです。

  1. お茶碗に真ん中を高く仕切るようにご飯を盛り、
  2. 卵の白身と黄身を両側に分けて、
  3. 薬味に葱と生姜(テレビでは茗荷も乗せてたけど嫌いやから省略)、
  4. 醤油はごはんにかけて、
  5. まずは白身のほうから食べる

黄身の方が味が強いから白身のほうから食べることによって、それぞれを味わえるらしい。

卵かけごはんに生姜っていうのが新鮮で真似してみたら美味しかったので、おうちに葱があればこの食べ方してます。

今は玄関先で葱を育ててるので、食べ放題w

余談:頑張って作ろうとした時期もあった・・・

lunch_0747

以前、義母とお買い物に行った際に買って頂いた「ザ・手抜きランチ」のための彼是。

茹でたパスタや素麺や冷凍うどんに絡めるだけで簡単一品!ってやつですが、正直自分のためだけにお湯を沸かすのすら億劫で。

子供たちが給食無しの日に使おう♪急な夫の休日用に置いとこう♪って思ってたら、気づいたら賞味期限切れてたりして、もう何やってんだか。

《まとめ》月1回のランチでお腹いっぱい気分スッキリ♪

というわけで、普段こんな食事なのだから月に1回くらい1,000円のランチ食べてお喋りして、ストレスを発散させていただいてもよろしいでしょうか?

・・・って、先日のママ友会では近所の280円日替わり弁当をみんなで食べてたんですけど、まぁそんなもんだと思うんですよね、大抵。

それが都会の一部のセレブぅな奥様のランチ(3,000円のコース+ワイン)に平均金額をつり上げられてるとしか思えないんですけど、たまに外で集まるって時くらい気分良く送り出してくれるとありがたいです。

その日の夕飯は頑張って美味しいもの作ろ♡って気にもなります。

次に「今夜は飲み会。」って言われたときに笑顔で「気をつけていってらっしゃい~!」って言えます。

しかし・・・こうやって並べてみると、さすがに酷いな私。

読書やPCの作業に夢中になって気づけばお迎えの時間・・・ってお昼を抜いてしまうこともあるので、ダイエットのためにもある程度バランスの取れたお昼ごはんを心掛けることにします。

ちなみに今日は、昨晩の残り物の炊き込みご飯とお味噌汁。セーフ?(汗)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で