ネブライザーどれがイイ?喘息3兄弟が吸入器を始めて3年経ちました(オムロンNE U-22レビュー)

nebulizer

今日は早朝に発表された隣の市の警報で幼稚園がお休み。

神戸市は全っ然大丈夫そうなんですけどぉー(。・ε・。)?

まぁ仕方ないっす。のんびり過ごしてコンコン→ゼコゼコになりそうなのを、ここら辺で持ち直そうね。

こんにちは、メリッサです。

我が子は全員アレルギーっ子。

たぶん遺伝なのでどうしようもないな・・・。私は子供時代に酷いアトピー&ゼコゼコ、夫は花粉症。

娘はまだアレルギー検査をしたことがないのですが、小児科のかかりつけ医曰く「上3人と作者が同じやから、きっとそうやろ。」と生まれる前から言い切られております(汗)

3人兄弟そろって喘息認定されて、自宅でネブライザーを使ってコントロールするようになってから、3年経ちました。(2016年9月現在)

それまではゼコゼコいったら小児科で吸入&お薬だったのが、長男の『集団生活1年目の洗礼』をキッカケに自宅吸入に変わりまして。

買う前はどのネブライザーにするかすごく悩んだし、自宅で吸入ってどうなん!?と不安もありました。

3年経った今ではその成果も現れてきたかな?と思えるようになりました。

現在我が家で使用しているネブライザー、オムロンのメッシュ式ネブライザーNE-U22を紹介します。

選ぶときに比較したもの、そして実際に3年間使ってみてどうなのか?も含めて、ママ目線でお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の吸入器はコレだ!3年間使い続けた感想と今

nebulizerimg_2030

3年前に購入してから毎日欠かさず使い続けている我が家の吸入器は、オムロンのメッシュ式ネブライザNE-U22。

最初のころは1日4回×兄弟3人を順番に吸入させていました。

今思えば頑張ってたなぁ、私。笑

三男が心臓の手術でこども病院に入院した際、術後ゼコゼコしたときに自宅で吸入していることを伝えると同じお薬を処方してくれたのですが、貸してくれた吸入器はコレでした。

こども病院でも使ってると思うと、なんだか安心感が増すわ~。

オムロン メッシュ式ネブライザNE-U22

本体質量 約97g(電池含まず)
外形寸法 幅38×高さ104×奥行き51mm
電源 DC3V(単3形アルカリ乾電池×2) DC2.4V(単3形ニッケル水素電池×2) AC100V(50/60H・専用ACアダプタ使用時)
その他・特記事項 医療機器届出番号 /
26B1X10002000003
一般医療機器電池寿命 連続4時間※、1日30分使用で約8時間※生理食塩水噴霧時、薬液の種類などにより変化します。

軽量コンパクト!

nebulizerimg_2034

めっちゃ小さいので初めて見たときはビックリ!まさに手の平サイズ。

電池だけでも利用できるので、お出掛けするときはこれとお薬だけ持っていけばOK♪

義実家に帰省するときも、温泉旅館に旅行に行くときにも、気温差がちょっと不安になる高地キャンプにも、いつでもどこでも持っていけるコンパクトサイズなのです。

使い方が簡単♪

nebulizerimg_2032

私が薬を入れて子供に渡したら、自分でスイッチ押して口に当てて全部終わるまで持っています。

持ち方の角度を変えても薬液がこぼれたり噴霧しなくなることがないので、小さな子供でも簡単に扱えるのです。

吸入が済んだら全部のパーツを水洗い。たまに薬液ボトル以外を煮沸消毒します。

メッシュキャップ部分は流水洗浄NGなので、全部大きめのボールでちゃちゃっと洗ってザルで乾燥。

毎日朝晩使うので、ザルは専用で定位置に。

とにかく静か!!

コンプレッサー式のネブライザーを使ったことがある人なら感動してくれると思いますが、本当に静か。というかもはや無音

僅かにシュシュシューーと微かに噴霧の音が聞こえますが、子供の寝息レベル以下。

角度を変えても噴霧可能な上に無音レベルの静かさで、寝ている子供を起こさず、気づかれないように吸入させることができます。

ここがイマイチ・・・

nebulizerimg_2033

お値段が高い

コンプレッサー式のネブライザーが、同じオムロンのものだと13,000円~18,000円位なのに対してメッシュ式は22,000円。

さらに消耗品は交換しなければ使えなくなるので、その分もプラスになります。

(使えても吸入時間がめーーっちゃ長くなって、いつまでしてんの!?ってなる。)

コンプレッサー式吸入器の交換パーツが数百円~1,000円くらい。

それに対して、NE-U22の場合はメッシュキャップ(写真左)1個約3,000円・薬液ボトル(写真右)約2,700円と、値段が全然違う。

ショップによって多少前後するものの、定期的に交換するたびに痛い出費となります(涙)

デリケートな部品は消耗するのも早い

この交換パーツは取り扱いがデリケートな上に消耗するのも早い。

メッシュキャップは3~4ヶ月に1度、薬液ボトルは半年に1度くらいのペースで新しい物に交換しています。

メッシュキャップは約1年で交換がお勧めされていますが、我が家では3人が使っているため2ヶ月もすれば噴霧スピードが急激に落ちてきます。

最初は1回の吸入が5分も掛からずに済んでいたのが、最終的に15~20分掛かって、「まだ終わってないの!?」ってなりますからね。

最初は知らずに使い続けていたのですが、薬液ボトルも同じ。

メッシュキャップは目詰まりしないように煮沸消毒をしてガーゼで優しく水分を拭き取ったり、薬液ボトルは落としてしまうと運が悪けりゃ1発アウト。(←当然?)

子供が吸入している分には全然問題ないのですが、親が準備したり片付けしたりするときに何かとやらかしております・・・orz

他にも、電源コードの接続部分(下写真の矢印部分)がちぎれやすいので、片付けるときは折り曲げないように要注意です。

nebulizerimg_2031

吸入器を購入したキッカケ

私がネブライザーを買おうと思ったきっかけは、かかりつけの小児科医に勧められたからです。

3人とも喘息であることが分かって、特に三男は心臓のこともあり(当時は生後8・9ヶ月でまだ手術することも決まっていない時期)、感染症に罹らないように注意する必要がありました

当時の我が家では長男が幼稚園に行き始めた年。

秋になって急に3人とも体調を崩すことが増えたり、幼稚園から長男が菌を持ち帰ってくることも心配でした。

秋は喘息の発作が一番出やすいと言われる時期だそうですね。

それに加えてインフルエンザなどの流行り始める季節。

喘息の発作と肺炎にまでなってしまった長男と、そこまで酷くはないもののゼコゼコ言い続けている次男・三男。

毎日のように点滴や吸入のために小児科通いをしてクタクタになって、それでも安定しなくて。

三男はRSウィルス予防のためにシナジス接種に毎月通ったりもしていたので、体調を崩すと予防接種が受けられなくなる心配もありました。

長男が生まれて初めての運動会!という2日前も、兄弟で点滴してもらうような状態でした。

すると先生に「吸入器を貸してあげるから、家でもやってみない?」と提案されたんです。

  • 毎日3人連れて吸入に通わせるのも大変だろうし、
  • 1日に1度小児科で吸入するよりも、酷いときはキチンと数時間おきに吸入するほうが子供は早く楽になれる。
  • 吸入を毎日することで感染症の予防にもなる。
  • 喘息はまず発作を起こさないことが大事。
  • 発作を起さないよう、予防のために吸入を続けるという治療をしよう。

ということでした。

看護師さんから機械の使い方やお薬の種類、何時間おきに吸入をさせるかの説明を受けて、「続けられると思ったら購入を考えて。」と、まずは病院の吸入器をレンタルしてお家で吸入する生活が始まりました。

喘息と言われ吸入器を買うにあたり、どれがいいかと必死で調べていました。

そのとき目にしたネットの情報には、「吸入器を買えという医者はまず疑え!」「子供を常に薬漬けにするなんてどうなんだ」というような意見もありました。

違う意見を聞くたびに心が揺れるし、実は今でも揺らぎます。

だけど私は『まずは発作を出さないこと』を最優先に、かかりつけ医を信じて、治るといわれる子供のうちにちゃんと喘息を治してあげたいと考えています。

比較検討したネブライザーたち

ネブライザーを買うことに決めました!次は、どのネブライザーにしようか、色々あるので迷います。

私が実際にオムロンのメッシュ式NE-U22を購入するまで、パンフレットやネットショップを見てどれにしようか迷った吸入器たちをご紹介します。

《オムロン》コンプレッサー式ネブライザ NE-C30

当時、小児科で貸してもらったのがコレ。

想像以上にすごく小さくて持ち運びも楽で、壊れやすいNE-U22に比べると多少は大丈夫。

薬液を入れて15分位(薬によって多少変わる)で1回の吸入が終わる。

吸入後のお手入れは使い終わったら水で洗って干しておき、たまに煮沸消毒をするくらいなのですが、パーツがめっちゃ多くて分解が面倒な上、失くしてしまいそうなのでズボラ人間は不安で仕方ない(汗)

使った印象は、何より音がデカイ。

「テレビを見てる間にすぐに終わるよ~。」となだめて吸入をさせようとしても、ボリュームを上げないと聞こえない。

これは寝ている子を起こさずにというのはさすがに無理で、当時9ヶ月の三男に吸入させるのは一苦労。

病院で使ってみたときはそんなに音が気にならなかったけど、色んな機械とか人の声もあるからなのか、実際に家で使ったときは大きさに驚きました。

夫から苦情が出たので却下となりました。

《オムロン》コンプレッサー式ネブライザ NE-C28

かかりつけの病院でお勧めされたのは、これ。

おそらくこれが一番王道というか、使っている人が多いと思う。ネットでのレビューも沢山あるよね。

お値段は小型タイプのNE-C30よりも少しだけお安めで、お手入れなどは同じ。

音が若干こちらの方が小さいという意見もあるのだけど、友人宅で見せてもらったときの印象は正直どっちもどっち。

メッシュ式の静音(ほぼ無音)に慣れていると、コンプレッサー式はもう無理な気がする。

使い始めてから赤ちゃんが生まれたので、我が家は余計にそう感じるのかな。

《新鋭工業》コンプレッサー式ネブライザー ミリコンCube

病院でもらったパンフレットの中に入っていたので、検討。

実物が見られなかったので、ネットショップのレビューをとにかく読みまくりました。

レビュー紹介

  • 病院での貸し出し機器がこれだった
  • 吸入時間がオムロンより短めだと思う
  • 持ち運びバッグがついてるわりに、結構大きいし重い
  • 消毒が電子レンジで出来るのが助かる
  • テレビが聞こえないくらいの音

値段が一番安かったので、「いつまで使い続けるか物分からんし、とりあえずならこれでイイんちゃう?」と思った私。

しかし最終的に、レビューを見てやはり音が問題になったため却下。

《フィリップス》コンプレッサー式ネブライザー イノスパイアミニ

病院でこれと同じものをレンタルしていた・入院中に使わせてもらっていたという意見が多くて気になってました。

音がうるさいと言う意見も見かけなかったし。

nebulizer

当時はこの『マイクロエリート』が販売されていたのですが、現在はどこも品切れ・売り切ればかり。

手に入れるのは難しそうです。

長く発売され続けている⇒人気がある・信頼できる・交換部品も手に入りやすいってことなのかな?と考えて、最終的にはオムロン製で検討したのでした。

余談・・・私が今気になっている吸入器

メッシュ式のネブライザー ポケットエアーです。

メッシュ式なので静か&超コンパクトなのはオムロンと同じなのですが、何せ安い。

今使っているのが壊れて買い替えが必要ってなったら、こっちにするか本気で悩む。

ACアダプタが別売(しかもそこそこする。)、交換パーツの値段はやっぱり結構する(オムロンと同じくらい)と、気になる部分はありますが、

メッシュキャップに1年保障ですよ!

目詰まりがほとんどない仕様になっているので、目詰まりなどで使えなくなった場合は無料で新しい物と交換してもらえるんです。ブラボー!!

ただ大手じゃないので、気づいたら販売終了になってたりしないか・・・という心配は残る。

吸入生活3年、現在の子供たちの様子

3年前(2013年秋)に使い始めたときは、3兄弟全員がゼコゼコ言っていた時期。

薬によって2時間おき・4時間おきに、時計と子供たちの体調を見て吸入させる毎日でした。

朝昼晩寝る前の4回と、酷いときは明け方子供が寝ているときにも。これを3人分。笑

そう考えたらやっぱりメッシュ式にしておいて大正解でしたね。

いつでもどこでも使えるし、静かなのでテレビや絵本を読んで気を紛らわせている間に終わってしまう。

当時年中だった長男はもちろん、2歳だった次男も自分で握って吸入していましたし。

イヤイヤ期の次男&1歳前の三男には苦労もしましたけど、寝ているときに済ませられたのが大きい。

発作が治まってからも、当分の間は朝昼晩寝る前と1日4回吸入させる日が続きました。

ゼコゼコいっていなくてもいつ発作が出るか分からないし、発作が出ないようにするため。感染症予防のため。

長男が年長さんになってから1日3回になって、だけど幼稚園に行っている昼間の分がどうしてもおざなりになってしまって、通常は朝晩の2回、ゼコゼコ言い始めたら回数を増やして対応。という我が家の吸入スタイルが出来上がりました。

今でも基本的にはこのスタイルで、

  • ちょっと鼻水が増えた、コンコンしている
  • 最近のスケジュールが忙しくて疲れがたまっていそう
  • 季節の変わり目、気温差が激しい日
  • 黄砂・PM2・5が酷い
  • インフルエンザの流行時期

普段は私がこれらの状態を踏まえて、吸入のお薬を調整しています。

変わったことといえば、「もう終わりにするー。」と最後までじっと待っていられない子供たちにいつしか夫がipadを渡したこと。

お薬が出ている間だけ、吸入をしている本人が好きなテレビ番組かipadのゲーム(あるいは動画)を見てもいいというルールになって、そりゃ子供たちはipad見るっつーの、ねぇ?

おかげで今では吸入が始まると我先に!とやりたがります。

嫌がってしないよりかは助かるのですが、複雑な気持ち・・・。汗

長男が2年生になって、かかりつけ医にも「発作、全然出んくなったね。良い感じが続いてるやん。」と言ってもらる日が続きました。

確かに長男は、最後に発作が出たのがいつだったか思い出せないほど。

最初に飲み薬が減り、吸入のお薬がなしでも良くなって、今はアレルギーを抑えるお薬だけ続けていて、吸入は体調次第で私の判断に任せられています。

次男・三男も、ゼコゼコが酷いと思う前に吸入でコントロールできている状態が続いているので、少しずつお薬を減ってきました。

インフルエンザで学級閉鎖になったこともあったけど、我が子は感染したことがありません。(これは吸入が予防になると言われているけれど、私もなったことがないので関係があるかどうかは分からない。)

もちろん、普段からハウスダストには気をつけて生活している(つもり)だし、喘息に良くないと聞いて食生活の見直しもしました。

着色料などの添加物や、農薬を使っていない食材を選んで買うようにもなりました。

だから吸入薬だけのおかげ!と言い切るつもりは毛頭ありません。(私の努力も大きかった!ハズ。笑)

ただ最初に決心した『発作が出ないように予防する』を一番助けてくれたのは、ゼコゼコしそう!と思ったときに、すぐに対処できて予防効果が期待できるネブライザーの存在が大きかったように感じています。

(追記) パルミコートは使えるの?

インタールなど液体のお薬とは違って、パルミコートは液体中にお薬の粒子が混ざっているものでお薬の性質が異なります。

そのため、パルミコートを処方されている場合はコンプレッサー式じゃないと噴霧できない?と心配される方もいらっしゃるようで時々質問を受けます。

我が家の子供たちも症状によってパルミコートを使用することがあります。

普段と同じオムロンのメッシュ式NE U-22で吸入しています。

オムロンのホームページにも、時間は掛かるけどNE U-22でも噴霧可能と記載があります。

コンプレッサー式(ジェット式)をお勧めします。

  お勧めの理由:パルミコートの製薬会社がコンプレッサー式を推奨しています。

超音波メッシュ式(NE-U22)も噴霧可能ですが、コンプレッサー式に比べて
吸入に2倍ほど時間がかかります。

また、薬効成分がメッシュキャップの穴に残ると目詰まりの原因に
なるため、使用後は速やかに水噴霧のお手入れをしてください。

  水噴霧の方法
  使用後は薬液を捨ててから、洗浄する意味で1~2分、水を噴霧してください。
  ※噴霧する水は吸入しないでください。

オムロンHP「よくある質問」より引用

パルミコートを使用するとき、実際の吸入1回に掛かる時間は10分くらい。

(※メッシュキャップ・薬液ボトル共に絶好調なときです。交換時期に近付くにつれ長くなります。)

我が家のかかりつけの小児科医も大丈夫という意見です。

( 追記2)スイッチ押しても点灯しない!噴霧しない!

スイッチを入れても電源が入らず、オンを示すライトが点灯しない・噴霧しないというにはいくつか考えられる原因があります。

  • 電池がない、±が間違ってる
  • ACアダプタがしっかり接続できていない
  • ACアダプタの接続部分が汚れている
  • 薬液ボトルが本体にしっかり取り付けられていない
  • 薬液ボトルと本体の取り付け部分が汚れている

ACアダプタと本体、本体と薬液ボトルが繋げる部分が、ちゃんとカチャッとはまっていないと電気が通らないんですよね。

そしてこの部分は汚れが溜まりやすいです。

濡れてそのままにしていると、水垢が溜まってたりする。

さらに放置していると、大切な電気の通り道が錆びてしまってるも。

錆びているとスイッチを入れても電気が流れないので点灯しません!

電極部分が錆びちゃいました!

ハイ、というわけでズボラな私は使い終わっても適当に仕舞っていたため、電極部分がさびてしまいました。

「うーん、スイッチ入れても点きにくいな。」と感じ、一通り考えられる原因を確認して、「もうこの錆びと戦わなければ解決しない」と悟りました。

では戦いましょうか。

ズボラ主婦の錆び落とし、家にあるもので簡単にw

くれぐれも自己責任でお願いします。

マネして壊れたと言われても責任取れませんので、納得の上でお願いします。

矢印の部分が錆びてる電極。

茶色いですね~、汚いですね~。笑

用意するものは綿棒とソース。

ソースかケチャップで錆が落とせるらしい。

詳しい化学反応式はこのサイトでは不要なので、とにかく覚えてください。

ソースかケチャップで錆び落とし可。ソースの方がより効果あり。

というわけで今回は冷蔵庫の中のウスターソースの出番です。

外出するのが面倒じゃない方は100均で錆び落としを購入してください。

きっとその方が吸入器も嬉しいはず。

細かい作業ですが、爪楊枝の頭の部分(太い方)で電極に少量チョンと乗せます。

綿棒にソースをつけて電極へと思ったら、綿棒にソースが全部しみ込んで失敗。(考えたら分かるやろ。)

このまま10分ほど放置。

化学反応が起こってるところを想像して待ちましょう。

放置したあと、綿棒で丁寧に拭き取ります。

ソースが電極に残ると錆よりも悪そうなので、丁寧に丁寧に。

1度目はソースを拭きとる、2度目で錆び取り、3度目で仕上げくらいの感じで磨きました。

すると、

ほうら!この通り!!!

めっちゃキレイになってます。

酷かった左側は少し残ってますが、それでも格段の差!

無事、噴霧できるようになりました。

最後にもう一度、くれぐれも自己責任でお願いします。

ズボラじゃない人はちゃんと錆び落とし剤を買いに行ってください。

手順はソースを錆び落とし剤に変えるだけで同じです。

スポンサーリンク

《まとめ》大変だったこともあるけれど、買ってよかった!

朝の小学校&幼稚園の準備をする前に、起きて一番最初にすることが吸入。

夜はお風呂上りに順番に吸入して、歯磨きして寝る。

正直、めっちゃ面倒です。

交換パーツを買い換えたあとは5・6分×3人分で済むのが、いつの間にか1人15分くらい掛かるようになって、それを3人分ですからね。

でも今はそれが生活の一部のように、リズムに取り込まれている。

朝のルーティンがあるとすれば、それは吸入から始まる。

3人とも今ではそれが当然のように、順番に。

もちろん嫌がるときもあるし、私もまいっかと思うこともあるし、疲れて先に眠った日もあるけれど、それでも何とか続けてきた3年間。

まずは起きている発作をなんとかしたくて、そして発作が起こるたびに早く楽にしてあげたくて使い始めたネブライザーが、今では予防のためにだけ使っているのが何とも嬉しい。

これからまた、喘息には要注意の季節が始まります。

子供たちの楽しみにしている学校&幼稚園行事もたくさんの季節。

元気に通って欲しいから、また母は口うるさくなりそう。

集団生活1年目の洗礼は、1番目に生まれた子の特権なのかな?

そう思えるくらい、穏やかな日が続いていることに感謝です。

【2017年4月14日、パルミコート使用可・電極部分の錆び落としについて追記しました。】

今回紹介したおすすめ吸入器はコレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント

  1. あっちょん より:

    とても参考になりました。
    先日、三男が発作が治まらず4日ほど入院しました。
    退院時に吸入器を貸し出して頂きましたが購入も勧められてどうしようか悩んでいたところでした。やっぱり静かで持ち運びできるのが良いですね。
    私も発作を出さないように予防してあげようと思っています。
    ありがとうございます。

    • メリッサ より:

      あっちょんさん、ありがとうございます。
      三男君が入院されたとのこと、とても心配でしたね。
      小児科でとにかく発作を起こさないことがまず第一と言われ購入して、今では私の子育てに欠かせないアイテムNO.1です。
      3兄弟共に最後の発作がいつだったか思い出せないほど、役に立っています!