【新田ふるさと村】川遊び&芝滑りできるキャンプ場!サイト紹介と周辺情報

こんにちは、メリッサです。

今日は新田ふるさと村の紹介です。

お盆休みに訪れたので夏の情報が主ですが、川遊び以外は季節関係なく参考になるかと思います。

  • 新田ふるさと村のキャンプ場内でどんなことができるの?
  • おすすめのサイトはどのエリア?
  • 買い出しなどはどこで?
  • トイレやシャワーって清潔ですか?

などは、特に小さなお子様連れだと気になりますよね。

キャンプ場選びで迷っている方には是非おすすめしたい、新田ふるさと村の魅力についてお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【新田ふるさと村】

今回は3泊4日で新田ふるさと村に滞在してきました。

お盆休み中で、本当は初めて5泊に挑戦するのもありかな?と企んでいたのですが、人気のようで直前では予約が取れず残念。

それもそのはず、キャンプ場内でたくさん遊べる子供たち大満足のキャンプ場!

大自然の中で過ごして、大人もリフレッシュできました。

最終日「まだ帰りたくない~!」と子供だけでなく私も名残惜しくなるほど。

お家からも距離は車で1時間ちょっと(神戸の中心地から1時間40分)と気軽に行けるので、また短期滞在やデイキャンプでも利用する予定です。

新田ふるさと村【基本情報】

  • 住所:〒679-2401 兵庫県神崎郡神河町新田340-1
  • TEL:0790-33-0870
  • 連絡可能な時間:(4~11月)9:00~17:00、(12~3月)9:00~16:30
  • 水曜定休(祝日・夏休み除く)

宿泊料金

  • 入村料 大人300円、子供200円
  • 杉ん子キャビン(定員5名+車1台駐車可) 7,000円
  • オートサイト天の川(車1台駐車可) 5,100円
    →電源使用 600円/1泊
  • お山のテントサイト(車横付け不可、無料駐車場を利用) 3,000円
  • オートフリーサイト
    ○ テント1幕につき 2,000円
    ○ タープ1幕につき 1,000円
    ○ 駐車1台につき 1,000円

キャンプ場内設備 利用料金

  • 温水シャワー(3分) 200円
  • コインランドリー&乾燥機 200円/10分
  • 芝滑り(20分) 300円
  • あまご掴み(要予約) 2,500円/10匹くらい
  • 釣り 竿持ち込み 500円/1日
    貸し竿 1,000円/1日
  • デイキャンプ料金は利用するサイト別に設定
  • キャンプ用品貸し出し有

その他、詳細は新田ふるさと村HPをご確認ください。

新田ふるさと村 キャンプサイト紹介

まず新田ふるさと村に到着したら、手続きはこちらの管理中央センターで。

宿泊代金は前払い。

管理センターで炭や着火剤などのデイキャンプ・BBQで使うものの販売はありますが、最低限のものという印象です。

コインランドリーを利用する予定の場合は、両替もしてもらえます。

(管理人さんが17時までしかいないので、忘れずに!)

このときに指定のゴミ袋(1枚50円)を購入すれば、生ごみ・プラスチック等の可燃ゴミを回収してもらえます。

炭はサイト近くの炊事場に捨てられます。

ビン・缶・ガスボンベの空き缶は持ち帰りましょう。

受付をした管理センターの隣の建物はコインシャワー。

料金は3分200円。

男女3つずつブースがあります。

足元は大きめのすのこが敷いてあって、お風呂上りの子供に足元が濡れたまま服を着せずに済んだのが助かった!

管理センター前の駐車場から階段を上ったところ、新田ふるさと村の入ってすぐのところにある建物は蕎麦屋。

食事処 千ヶ峰です。

お向かいはバーベキューサイト。

反対から見たところ。

屋根もあるので変わりやすい山の天気でも大丈夫~♪

デイキャンプ(BBQ)は更にお隣のグランドや天の川サイトでも楽しめます。

オートフリーサイト(グランド)

このグランドが、いわゆるオートフリーサイト。

テント横に駐車可は便利だけど、テント+タープ+駐車それぞれに料金が掛かり、1泊4,000円です。

とにかく広いから、大きいテントやタープを購入して初出陣のときなんかは良いかも!?汗

そしてグランドの向こう側にポツポツ見える三角▲の建物が人気の杉ん子キャビンですね。

杉ん子キャビン

杉の木の間にあり、夏は木陰が嬉しい。

遊具やフリーサイト横の炊事場がも近くにあります。

川遊び

この遊具エリアの奥からすぐ川に降りられて、泳げます。

岩からジャンプしたり、滝に打たれたり、泳いで遊ぶ方はこっち。

真夏でも川の水がとても冷たくて、気持ちいい。

川の水が少ないときはこんな感じで平和です。

透明で目の前に魚が泳いでいるのが見えるの!子供たち大興奮!

川に降りる斜面は足元が少々急ですが。

年長の次男はゆっくりと、年中の三男は手を付きながら、それぞれ自分たちで上り下りできました。

↑この写真、水がないように見えるけど浅いところは足首くらいまで水ありますからね~。

一番前を行く長男(水色ベスト)の足元はすでに川に入ってます。

深いところでは私も全然足が底につきませんでした。

川遊び&水辺の生き物を探せ!

水辺の生き物を捕まえたり、足元だけちゃぷちゃぷ入るイメージの方は、天の川サイト前から上流へ。

ちびっ子連れはコチラが安心。

オタマジャクシや、小指サイズの小魚を捕まえることができました。

天の川サイトと川の間には、芝生広場が広がっています。

この広場のおかげで、川の水量が増してもサイトまでは来ないだろうという安心感がありますね。

天の川オートサイト

芝生広場を上って、1番人気の天の川サイトにやってまいりました。

電源・洗い場付きのサイトで車も横付け可能です。

夏は川遊びもすぐ近くだし、芝生滑りまでも歩いて行ける距離だし(ちょっと頑張って階段上る)、コインランドリーやシャワーもこのエリアに完備されいます。

ちびっ子連れは1番おすすめのサイトです。

天の川サイトの中心に位置するサニタリー棟。

男女共にトイレには洋式もあり、車いす用トイレもあり。

明るくて清潔です。

コインランドリー(10分100円)、洗濯機・乾燥機がそれぞれ一台。

洗濯機は容量8㎏と大きめだけど、乾燥機は5㎏なので家族分乾かそうと思ったら時間掛かりそう…。

天の川サイトのシャワーブースは男女ともに2つずつ。

繁忙時期は天の川サイトのお客さんだけで取り合いになりそう。

こちらも足元にはすのこが敷いてあって、着替えを入れるための荷物カゴも利用できました。

サニタリー棟の隣には炊事棟。

広くて清潔なステンレスの流し台。裏側も同じく。

流し台の向こう側には、BBQコンロと炭捨て場です。

天の川サイトが満員御礼の日に様子を見に行ったのですが、そんなに人もいないしキレイな状態。(各々のサイトに洗い場が付いていますからね。^^;)

夏場なので虫はいますが、山のエリアに比べると少ない。

サイト1つの大きさは、タープとテントを1つずつ張っても余裕があるくらい広め。

手前のアスファルトが駐車スペース。

みんな洗い場の前にタープ(リビングスペース)で車側にテントで半分、残りで子どもが遊んでる、という風にゆとりある設営でした。

(夏なので軽装備なので余計そう見えたのかな。)

洗い場の左側の小さな支柱が電源です。

(天の川サイト内の道路から撮った写真)

①いて座~⑦かんむり座までは、植込みがあるとはいえサイトのすぐ横が道路。

(天の川サイトの隣の道路&駐車スペースから撮影)

もちろん寝ている時間帯に車がたくさん行き交うことはないけれど、連泊する場合は日中のリラックスする時間帯に他のエリアから川遊びにきた車が横を通ります。

そして、すぐそこに駐車して、人が行ったり来たりすることもあります。

(私はちょっと気になるなぁと思ってしまった。)

お山の大将広場

さて天の川サイト・杉ん子キャビンから頑張って急な階段を上ると、芝生滑りへ。

ここは水遊びできる滑り台やターザンロープなどの遊具もある、お山の大将広場。

芝生滑りの受付は、坂の上のあの小屋だーー!!

就園前の小さな子供は親or兄弟と一緒にどうぞ♪

受付の隣には、水遊びのできる滑り台が。

滑り台の上の滝は、めっちゃ冷たいです!一度打たれてみて下さい。

受付の建物の裏手には、休憩できる椅子&テーブルスペースとトイレがあります。

暑くて子供たちを見てるだけでも汗だくなので、こういった日陰があると助かる~!

小さな滝の上は遊具がいくつか置いてあります。

夏場はとにかく虫が多いので、気をつけて~。(子供が喜ぶ虫も多いんですけどね。)

遊具のすぐ上がお山のサイトの駐車場で、芝生滑りの階段を降りると杉ん子キャビンと天の川サイトの間、という位置にあります。

つまり、山の斜面が遊び場。

どっちに車を停めようと山を上ったり下りたりしなきゃなんないです。笑

お山のテントサイト

さて新田ふるさと村の一番上のエリアはお山のテントサイトです。

管理センターや温水シャワー棟はもちろん、天の川サイトや川遊びの際は車移動が必須の距離と坂道。

山のテントサイト入り口はこの小池。

オタマジャクシうじゃうじゃでした。笑

山のテントサイトは、隣同士との距離感がすごく適度。

グルキャンで2サイト利用しているところが多かったので、伸び伸びと広く使えて良いなと思う反面、

我が家のようにうるさいちびっ子連れで1家族1サイトを利用する場合は、隣と段差になっていることで気兼ねせずに過ごすことができました。

これはどのサイトを選ぶかで、上手に使い分けできそうです。

(サイト番号が分かる図をちゃんと撮影していなかったので、番号は編集で後付けしてます。)

1&2、2&3、4&5などでグルキャンしてました。

13&14も可能だと思う。

ただ、池の周りを歩く炊事棟&トイレまでの距離がネック。

我が家は最初人数が多いからゆったりと使えるようにと管理人さんが⑬を用意してくれていたのですが、(⑭の利用予定がなかったらしい。)

ちびっ子連れと分かり、「トイレが遠いから、変えたかったら変えてあげる!1回見てきて~!」と臨機応変に対応していただいて、大変助かりました。(そして結局変えた。)

▲お山のテントサイト3&2

▲お山のテントサイト4&5

▲お山のテントサイト1&2

▲お山のテントサイト7(手前)

▲お山のテントサイト8&9

車はサイトに駐車できませんが、荷物を積んだり降ろしたりの間はサイト横に駐車しておいて大丈夫。

車の行き来がすごく少なくて、とにかく子供たちは伸び伸び遊んでいました。

山のテントサイトの炊事棟&トイレ。

(山のテントサイトにコインシャワー&コインランドリーはありません。)

炊事場は年季が入っているように見えますが、毎日掃除してくれていますよ。

光に虫、しかもデカいやつが寄ってきていたり、セミの死骸が足元に転がっていたりはありますが、自然の中なのでこんなもんという感じ。笑

トイレは狭いです。

正直、この圧迫感は閉所恐怖症じゃないはずなのに嫌なハラハラ感がありました。

車いす用トイレもあるのでそっちは狭くないのですが、天の川サイトのサニタリー等に比べてめっちゃ虫多いのは何で?

炊事棟から駐車場までの距離感がこれで分かるかしら。

夜はライトがないので真っ暗になります。

子どもたちと『きもだめし』して遊びました。笑

【新田ふるさと村】周辺情報

子連れでキャンプに行くときは、思いがけない忘れ物(毎回何かしら忘れてる)や急に必要になって、とにかくいざというときに買い物がどれだけ気軽に出来るかというのが重要だったりします。

とはいえ、新田ふるさと村の場所がそもそも超田舎。山奥。

山の麓まで降りてこないと買い物できません。

しかし麓まで降りると何でも揃います。

そして出発してからキャンプ場に行く前に買い出ししようと計画している場合は、山の麓しか店はないので播但道を降りたらまず買い物を済ませてから新田ふるさと村へ向かう、となります。

買い物エリアからキャンプ場まで30分。

ナビを見ているとあと18㎞とあるので、30分も掛かる?と思ってましたが、細い道が続くので法定速度守ってすれ違いで道譲ってると30分くらい掛かりました。

トイレは真ん中くらいに川の駅(といっても本当にトイレだけの建物)があります。

キャンプ場からスーパーまでの道のり

スーパー・ホームセンター・100均など

播但道を降りて312号線を北へ目指すと、道沿いに業務スーパー・Aコープ・生鮮パワーなどスーパーが色々あります。

新田ふるさと村に向かう交差点にイオンタウン神河ショッピングセンターがあって、マックスバリュやダイソーがあったり向かいにホームセンターコメリがあったりとこの一画で何でも揃う感じ。

同じ交差点の少し北にローソンも。

イオンタウン神河ショッピングセンター

ザ・ダイソー神河SC店

英国屋神河店(コインランドリー)
洗濯機 200円/4.5kg (所要時間およそ40分)、大型は800円・900円サイズあり
乾燥機 10分100円/14㎏、7分100円/25㎏
ウエルシア薬局神崎神河店
 〒679-2414 兵庫県神崎郡神河町粟賀町359

温泉はグリーンエコー笠形へ

新田ふるさと村はコインシャワーだけなので、連泊途中や帰り道にはぜひ温泉へ♪

キャンプ場から山の麓の買い物エリアの間にあります。(買い物エリアから5分くらいのところ)

すごく大きな施設で、次はココにキャンプに来てみたいと思いました。

神崎いこいの村グリーンエコー笠形
  • 〒679-2411兵庫県神崎郡神河町根宇野1019-13
  • TEL:0790-32-1307
  • 定休日:12月29日~1月1日
温泉 響きの湯
  • 入浴時間:12:00〜22:00
  • 入浴料 高校生以上 大人1人:500円、中学生以下 小人1人:400円
  • 響きの湯利用のみであれば、入村料は不要
  • JAFカード保持者は割引サービスあり

スポンサーリンク

《まとめ》新田ふるさと村は大自然の中の高規格キャンプ場でした!

不動の滝、歩いて見に行きたいと思っていたら、行く途中の道で見えてしまったので何だか拍子抜け。笑

不動の滝以外にも周辺にはいくつか有名な滝があって、散策が楽しそうです。

真夏は無理だな、秋だなこりゃ。

歩き回って遊んだ後、川遊びの後、新田ふるさと村内に温泉があれば言うことなしなんだけどな~。

とはいえ、トイレやコインシャワーは手入れされていて清潔だったし、管理人の女性はどなたも親切で臨機応変に対応してくださって、すごく印象が良いです。

直前でも予約が取れれば秋の連休に行きたいんだけど、もういっぱい(涙)

大人気の理由が分かりました!

メリッサ一家がキャンプで新田ふるさと村に滞在したときのお話はこちら!(準備中)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で