スキンケアやめました!本格的な肌断食には抵抗がある私にもできた3つのこと

simple-care

あなたは、長年スキンケアを頑張ってきた今のお肌に満足していますか?

化粧水・乳液・美容液・ポイント用クリーム・パック・・・と、あげればキリがないほどの基礎化粧品がありますが、それらに毎月お金と時間が掛かっているのか考えたことがありますか?

こんにちは、メリッサです。

たくさんの基礎化粧品が、なくても大丈夫かもよ?って聞くといかがですか。

「え、ウソやん。」って感じですか?笑

最近はオールインワンタイプの物も増えてきてるし、それ使ってると時間はそんなに掛かりませんか?

もったいない~!もしかしたら時間もお金も無駄に使ってるかもしれませんよ。

私は全部やめました!

去年(2015年)の11月から化粧水や乳液などのいわゆる基礎化粧品を使っていません。それでもお肌の状態はスキンケアを頑張っていたときよりも良好です。

本格的な肌断食には抵抗があるので、まず自分にできそうなものはやってみて、続けていけると実感したことはそのまま続けて、今は無理なく続けられる自分に合った方法にたどり着きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキンケアをしない!肌断食は無理だと思う私にもできた3つのこと

私がメイクやスキンケアを始めて20年弱?(あわわーってなるわ。濁しとこ。)、アトピー持ち&敏感肌なので成分とかを見て基礎化粧品をそれなりにこだわって選んできました。

お風呂上り、まだ体が濡れているときに大急ぎで化粧水をパシャパシャッッ!

その傍らで子どもたちが裸で走り回ってて、「早くパジャマ着なさいよー!」と大声を出すんやけど、そういうママがまだ裸やん!っていう状況。

これが、以前の我が家では当たり前の風景でした。

テレビでも「お風呂から出て○分以内に化粧水塗らないと意味無い」って言っているのを聞いたことがあるし、頭の中には「保湿!保湿!とにかく保湿!急いで保湿!!」というイメージが定着しています。

化粧水→乳液→美容液→ポイント用のクリームで更にパックとか、気に入ったメーカーのライン使いは当たり前。

一体、これらにいくら使ってきたんだろう?

夫には言えないけど、年齢と共に少しずつ高価なものにレベルアップしてました。と言っても自由に使えるお金にも限りがありますので、1本何万円とかじゃないですよ。笑

多いときで月1万円くらい?・・・スミマセン見栄張りました。多分5000円くらいが平均でしょうか。

つまり、月5000円×12ヶ月=6万円×十数年=もう計算したくない・・・。

で、その結果に私は満足していたか?その答えは、ムム…つまってしまいます。

正直に言うと、ココが気になる!まだ保湿が足りない気がする!と、年齢を重ねて気になる場所が前よりも増えたと感じていました。

そこで、いろいろと調べ始めて出会ったのが肌断食。正確に言うと再会だったんですけども。

肌断食という言葉は聞いたことがある方が多いんじゃないでしょうか。

私も何度か聞いたことがあるんですけど、その度に「化粧水を使わないなんて、無理無理!」って思ってました。

肌断食とは?

一言で肌断食と言っても、色んなやり方や考え方が紹介されています。

メイクやスキンケアをしないのはもちろん、肌の刺激となる洗顔料も使わないものから、

普段は通常通りに過ごして、週末だけ何もしなかったり、

薄化粧や化粧水だけはOKとか、紹介者よって様々な方法があります。

それらに共通していることは、

毎日のスキンケアやメイクは肌にとっては『害』で、その害となるスキンケアやメイクをやめると肌がもともと持っている力が目覚めるので、自然に美肌になっていく

という考えです。

肌断食の考え方

害って!!! (驚)

毎日せっせと頑張って続けてきた化粧水などのスキンケアが害といわれてもなかなか受け入れられませんよね。

でも例えばどうでしょう?

自分の腕の皮膚と顔ではどっちの肌が理想的ですか?

旦那さまのお肌と、お金を掛けて手入れを続けてきた自分のお肌は、どれくらいの違いがありますか?

正直、私は顔と腕の肌は同じ皮膚だとは信じられないくらい状態が違います・・・。

子供を抱っこしたり赤ちゃんがいると舐めたりすることもあるので、腕に日焼け止めは塗らないですしボディケアもした記憶があまりないですが、毛穴が見えないほどキメ細かくてサラサラのお肌です。取り替えたいくらい!

そして、化粧水や美容液はもちろん日焼け止めもつけているのを見たことがない夫の顔ですが、格別自分のお肌よりも酷い状態だとは思えません。

認めたくないけど、あんまり変わらない気もする。

っていうかむしろ、8歳年上の夫が何もしてなくてあの状態と考えると羨ましい気もする。

でも何で?

これまで頑張ってきた私のお肌より、何もしていない夫の顔の方が羨ましい状態なんて・・・。

私たちの皮膚は本来、の水分を保持したり外部の刺激から肌を守る機能を持っています。

角質を含む表皮や皮脂膜がそのバリア機能を果たしてくれているのですが、このバリア機能が低下するとどうなるのか?

水分が蒸発してやすくなって乾燥が悪化したり、外部の刺激に負けてしまって赤くなったりかゆみが発生したりするんです。

日本人のスキンケア手順の複雑さは世界的に見ても特殊です。

私たちの研究チームは、50人のフランス人女性に日本式。のステップ数が多く重ね塗りをするスキンケアを1カ月間行ってもらい、逆に、日本人女性50人には、ヨーロッパ式のクレンジングと保湿だけといった、シンプルなスキンケアを1カ月続けてもらいました。

その結果、1カ月後にはフランス人女性は敏感肌に、日本人女性の敏感肌は改善されるという結果になったのです

(中略)

これにより、スキンケアステップ数が多いことと敏感肌は関連があることが分かりました。さらに若い日本人女性は顔そりをすることも、敏感肌の一因となっていると思われます。

つまり、「美肌」に近づこうと思って肌に手を掛け過ぎていることが、逆に肌に負担になっていることもある、というわけだ。

(中略)

日頃のスキンケアで、目的なく惰性で塗っているものをやめる。肌の調子が敏感肌に傾いてきたら、使用アイテムの数を減らすなど、自分でできる敏感肌対策がありそうだ。

美肌を追い求めてのスキンケアで、かえって敏感肌に。そうならないために、自分自身でも、お手入れし過ぎに陥っていないか、ときには点検することが必要かもしれない。

日経ウーマンオンラインより 引用

なるほど。

つまり、これまで必死になってやってきたスキンケアが逆に自分の肌のバリア機能を低下させて敏感肌になり、さらに何かしなきゃいけないんじゃ!?と不安になってスキンケアを変えたり増やしたりの悪循環に陥っていたってこと。

そこで、今まで続けていたスキンケアをやめて、まずは元々の肌が持っていたバリア機能を回復させてあげる。

そして肌力を高めて、本来の肌の調子を取り戻して美肌を目指そう!ってなるわけね。

宇津木式「肌断食」の方法

肌断食の基本と言われる宇津木式の方法を紹介します。

結構、ストイックというかこだわっているというか、これまでスキンケアを頑張っていた人ほど厳しく感じると思います。

まず、メイク落としや洗顔料は使いません無添加の純石けんを選びます。

丁寧に泡立てて、こすらないように優しく洗ったら、ぬるま湯で流します。流すときもこすらず、拭くときも勿論こすらないようにして、肌への負担を減らします。

その後はメイクもしませんし、化粧水などのスキンケアも使いません。

どうしても乾燥を感じるときは、乾燥しているその部分のみにワセリンを使います。

そして、本格的な宇津木式の肌断食では紫外線よりも日焼け止めの方が肌への刺激が強いので有害とされていて、日焼け止めを落とすときに洗顔料が必要だったり擦ったりするのがさらに刺激となるので、NGです。

肌の持つバリア機能が回復して安定してきたら、紫外線にも負けない肌になれるので日焼け止めは使いません。

日焼け対策は、長袖・帽子・マスクなどの服装で肌を守ろうというという考え方です。

うん・・・この本格的な肌断食、私には無理だ!

make-up-girl

まず、私、メイクしたいんです!

普段の生活で外出というと幼稚園の送り迎えや近所のスーパーにお買い物くらいのもんですが、それでも今後メイクしない人生というのはちょっと無理!想像も出来ません。

メイクもしたいし自分の肌力も高めたい、どっちも叶えたいところです。

それに日焼け防止が長袖・帽子・マスクというのも抵抗あり過ぎて無理。

women-hat

こういうことですよね・・・?

私はこれ絶対に嫌!正直全然かわいくないし、オシャレじゃない。

これで運動会を見に行ったら「あのママ素敵♡」とは程遠い気がする。

娘にも「ママ、あの格好で来ないでね、」って冷たく言われそう。(汗)

スキンケアをやめて、私が今している3つのこと

先ほど書いた肌断食の方法はあれこれ制限が厳しすぎて私には無理でしたが、そんな私にもできることが3つありました!

  1. 化粧水・乳液などの基礎化粧品は使わない
  2. 洗顔料・メイク落としも使わない
  3. まったく何もしない日を意識して作る

これまではORBISのユーシリーズを気に入って使ってたんですけどね。買い置きまでしてたのに、スキンケアやめたのが詰め替えた直後で誰にも譲ることもできないという超もったいない状態。(涙)

そして以前はメイク落としはビオレのクレンジングリキッド・洗顔料はビオレのスキンケア洗顔か資生堂のパーフェクトホイップがお気に入りでしたが、今は石鹸を使ってます。

予めお出掛けしないと分かっている日は、メイクもせず石鹸洗顔さえもせずお風呂上りもまったく何もつけず、できるだけ自然な状態を意識して過ごしています。

スキンケアをやめて自分の肌に自信を取り戻す!

基礎化粧品を使ってお肌をお手入れするのをやめて少しずつですがお肌が健やかになって、すっぴんにも自信が持てるようになりました。

いや~、ズボラのくせに何で今までスキンケアだけは頑張って続けてたんだろ?

本来の肌の力がもっと元気だった頃からやってたら、すごく楽にもっとズボラに過ごせてたのに!笑

メイクは好きだしこれから先もやめるつもりはないですが、若い頃とは違う『内側からの美しさ』も重要だと感じる年齢になってきたってことですかね。

それでは次回は、メイクや日焼け対策とスキンケアをやめた部分を実際どうやって両立しているのかを具体的に詳しくお話しすることにします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で