スキンケアをやめると悩むかもしれない好転反応の話

women-holding-hair

スキンケアをやめたら、すぐに美肌になれる?

イキナリ洗顔料をやめて基礎化粧品を使ったスキンケアをやめると、お肌の状態は一見ボロボロになることが多いようです。

お肌の状態がボロボロというと、

「ほ~らやっぱり!乾燥するし保湿したらなアカンってことやん!」

という声が聞こえてきそうですが、そういう意味ではないんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肌断食の副作用?いいえ、それは好転反応といいます。

dry-skin

好転反応とは、良くなっていく途中段階でこれまでの状態から変化が起こること言います。

基礎化粧品を使い続けた人は、お肌本来のバリア機能が低下して乾燥や刺激に弱い状態になっているので、最初はそのバリア機能の回復期間というわけ。

その回復期間は美肌になっていくのではなくて、本来の肌の姿に戻っていく期間です。

今までスキンケアを一生懸命してきた人ほど、この好転反応が大きく出やすいんだそう!!

好転反応の主な症状
  • 乾燥でカサカサしたように感じる
  • スキンケアをしていたときよりも毛穴や角栓が気になる
  • お肌の質感がゴワゴワ・ザラザラになった

いろんな肌断食ブログを読んでみると、この角栓が厄介です。

鼻と眉間とあごの辺りにプツプツと出てくる憎いヤツラは、見た目にも分かってしまうのでマスクをしたり外出を控えたりする人もいました。

好転反応が治まるまでの期間は人それぞれ。

肌断食を始めるまでのスキンケアや洗顔方法、元々の肌力などによって違ってきます。

だいたい最初の1ヶ月間くらいは悩む人が多いようです。

私は好転反応に苦しんだか?→No!

smile

私がスキンケアをやめたのは2015年11月の話なのですが、強い好転反応に悩んだ期間はありませんでした。

おそらく、それまでの洗顔方法や化粧品が刺激の強いものではなかったからかな?

元々アトピー持ちなので、化粧品全般に関して何でもOKというわけではなかったし。ファンデーションは、ミネラルファンデに変えてからもう6年以上になるし。

これまでずっと朝は基本的に洗顔料を使った洗顔をしたことがありません。

ちなみにバッパー時代は荷物減らしたくてNIVEA缶だけ各国で買い足して使ってました。(ただのズボラ。)

もちろん小鼻に角栓ができたりはしてますが、それは別に今始まったことじゃない。←それってどうよ?

そしてスキンケアをやめてその角栓が酷くなったかと聞かれたらと答えはNO。若いころは角栓があるだけでなく、それが黒ずんだ色だったのであると目立って気になって、毛穴パックしたり爪で押し出したりしてたなぁ~。

最近ではそんなに目立たなくなっていたし、気になるときに石鹸でくるくると洗って飛び出したヤツラを落としてました。

今では大切な役目を果たしてくれているのが分かっているので無理に取ろうとしません。

好転反応が酷く出て肌断食に挫折してしまう方もいるそうなので、これは有難いです。

好転反応の期間を乗り切る方法

この好転反応が酷く出ている時期は、ワセリンを使ってお肌を保護してあげて何とか乗り越えましょう!

そして、気になる場合はメイクも少し我慢するかポイントメイクだけにした方が良いかも。

そして、強い好転反応に悩まずにスキンケアをやめたい人は、イキナリ全部のスキンケアをやめるのではなく、段階を踏んで減らしていくようにします。

  1. メイクを肌への刺激の少ないものに変える
  2. 洗顔料・メイク落としをやめる
  3. 石けん洗顔後はクリームのみで保湿
  4. 気になる部分だけワセリンのみで保護
  5. 基本的に何もしない

といった感じです。

1から始める人と、3から始める人では肌の状態が違うことが想像出来ますよね。

ポイントは、洗顔中に擦り過ぎないように意識すること。洗顔後のつっぱり感が、全然違います!!

そして、ヒリヒリする・カサカサが酷いと思ったら、何もつけないことにこだわり過ぎないで、クリームで手助けしてあげる期間があってもいいと思います。

皮膚について詳しくない素人がやるわけですから、好転反応かトラブルに発展してしまってるかはキチンと判断できませんから。

パックやクリームのように、塗ってすぐ翌朝ぷるぷる♪といった目に見えてすぐに効果が出る方法ではないので、

この回復期間を乗り越えられるかどうかが決め手になります!!

《まとめ》好転反応が酷くならないように

sunset-woman

肌の本来の力を取り戻したくてスキンケアをやめたのに、もしもどんどん酷い状態になっていくと不安になるし挫折してしまいます。

まずは大きな好転反応が出ないように、全部のスキンケアをやめる前の下準備。

何もつけなくても肌が持ち堪えられるように、少しずつ段階を踏んで負担を減らしてあげるという方法です。

私は意識して減らしたわけではありませんでしたが、振り返ってみると自然にこうなっていました。

肌断食をすると美肌になる!と言いますが、肌断食は本来の自分が持っている肌力を取り戻すだけであって、元々のポテンシャル以上の美肌なるわけではないと思うんです。

今のところはとても満足していますが、自分の肌力はこんなもんじゃないじゃないかという欲はまだまだ出てくるわけで。笑

シンプルケアを続けて自分の肌がどんな風に変わっていくのか、これからも変化を見守りたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で