「夫年収1000万で妻は専業主婦。だから俺は家事しなくていい」にサラリーマンが物申す!

こんにちは、穂北ヨシフミ( @hokitayoshifumi )といいます。家事や育児をやる父親を増やしたいと思っている、イクメンサラリーマンブロガーです。

今回は「#メリラボ」で書くことになりました。よろしくお願いいたします。

さて、先日、こんな記事を目にしました。

年収1千万円の既婚男性です。妻は専業主婦で、子どもは1人。私の母と同居しています。家のローンは私の給料から支払っています。

それにもかかわらず、妻は共働き夫婦の場合と同じように、あれもこれもと家事を分担するよう私にいってきます。おかげで、休日がいちばん負担。専業主婦は、家事をやってしかるべきなのではないのでしょうか?

引用元:東洋経済ONLINE | 「年収1000万円」の夫が家事分担に抱く不満より

年収1000万円稼いでいる夫が妻から家事をしろと頼まれて、嫌だと言っています。

いやー、うーん…この発想って、おかしいですよ。

イクメンサラリーマンの僕が、「年収1000万だから、妻が専業主婦だから、夫は家事とか育児をしなくていい」をぶった斬りたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

専業主婦の妻を持つ夫(年収1000万)は家事をしなくていいのか?

引用元の記事では寄せられたこのお悩みに対し、心理学准教授が色んな角度から指摘したり助言を与えています。

コメントには妻側の厳しい意見も数多く寄せられています。

そこで今回は、サラリーマンの僕が相談者と同じような立場にいる人間として「年収1000万円なんだから、専業主婦の妻に家事を丸投げしてOK」という考えはおかしい!と異論を唱えます。

「妻から家事を頼まれて嫌だ」って愚痴る夫には、年収1000万の資質がない

まずはこれ。年収1000万円あるっていることは、稼げる人、つまり優秀なビジネスパーソンのはずですよね。彼はどうでしょうか。

奥様から「家事をしてほしい」などとしょうもない文句を言われ、なんか愚痴みたいなことを呟いていますね。

これが優秀なビジネスパーソンのやることでしょうか?

どうしても家事とか育児をやりたくないのであれば、育児をしなくていい理由を並び立て、きちんと折衝して、奥様と自分とで納得できる落としどころを見つければいいだけです。

優秀じゃない「普通の」ビジネスパーソンですら、「普通に」仕事としてそんなことできますよ。それもできずに愚痴ばっかり言っているようでは、たいして仕事のできる人間ではないですね。

思うに、高学歴で大企業に入れたけど能力は並以下、長く働いたがためだけに高収入になったパターン

僕の会社にもこういう人たちは山のようにいます。折衝なんて大企業のネームバリューだけでうまくいっちゃうから、適当にやっててもOKなんじゃないでしょうか。

一番身近な人の満足も得られず不満ごとを言われる時点で、「仕事できる人」像からはほど遠い。

ひょっとして妻という最重要顧客からの要求だから、きつくても我慢してるんでしょうか?もしそうだったら、愚痴言わないでくださいね。

「自分が食わせている」はまっっっっったく特別視される要素がない

そもそもですが、「自分が稼いだ金で家族を食わせている」といって家庭内で偉そうにする人がいるんですけど、これっておかしくないですか?偉くもないし、自慢できることでもないですよ。

だって世の中の男性はみんな、そうやって自分の稼いだ金で家族を養っているじゃないですか。

「ふつう」なんですよ。ごくごく一般的。

なんで普通なのに偉そうにできるのか、意味がわかりません。偉そうにしたいならこの「食わせている」という普通状態よりも、多少なりとも上に行きたいものですね。

はい出たドン!育児休業を取るとかどうでしょうか

育児休業を取ったことがある男性は、なんとたった2.65%なんです。40人に1人。すごく貴重ですね。1000万稼ぐ人よりも、かなり少ない。

※平成23年の[]の数字は内の割合は、岩手県、宮城県及び福島県を除く全国の結果。

引用元:厚生労働省「平成27年度雇用均等基本調査」より

これは家庭内のみならず、社会的に特別待遇を受けてもいいレベルです。お金は稼ぐし、家事も育児もやる夫。時代の流れにばっちり対応しています。

最近では大企業でもダイバーシティを推奨する動きもありますし、中小企業では育児休業を取ると報奨金がもらえたりもします

たぶん、奥様は「自慢の夫」を周りに触れ込みますよ~。周囲から羨望のまなざしで見られることでしょう。

誰のおかげで1000万円稼げてるんですか?

とはいえ彼は1000万も稼いできているんだから、自分はよその家よりも裕福な暮らしをさせてやっているとでも思っているんでしょう。

しかしよく考えてください。すでに書いた通り彼は仕事できない人なので、年収1000万円は、まあ長時間労働の賜物でしょう。自分がそんな長時間働けるのは、家事をやってくれている奥様がいてのことではないですか?

帰ったらごはん作って待ってくれているんでしょう?

長時間労働をやってこられるように、色々ケアしてくれているんじゃないですか?

1000万円の内、何百万かは奥様の力によるものです。なら奥様がしている家事の何割かくらい、分担したらどうですか?

「稼ぐ」という価値活動に協力してくれている奥様が、「家事」という価値活動に協力してほしいといったら、やればいいじゃないですか。ギブアンドテイクです。これも、ビジネスでは基本ですよね。

やらない理由、あります?

やりたくない仕事やってもらって、労いの一つもないんじゃ?

まあ僕は、「食わせてやっている」夫が家事をやらない理由はわかっています。やりたくないからですよね。家事、まじでめんどくさいですもんね。

だから結局のところ、「稼いでる」を言い訳にして、やりたくないことを避けているだけですよね?

気持ちはわかりますよ~。僕も苦手な家事(布団のカバー掛けが死ぬほど嫌い)をやってて、やりたくなさ過ぎて気が狂いそうになることがあります。

ではその超絶めんどくさいことをやってくれている奥様に、何とも思わないんでしょうか?

めんどくさい、自分がやりたくないことをやってもらってるのに、感謝の一つも言ってないんでは?なんの労いもないんでは?だから、不満ごとを言われるんですよ。

会社でも、めんどくさい仕事を部下に振って、かつ、やってもらって「当たり前」とか思ってるんでしょう。だから仕事できないんですよ。典型的なダメ上司じゃないですか。

そんな態度だから、奥様からも稼いできて「当たり前」と思われ、当たり前では満足できないから、家事もやってよって言われるんです。因果応報とはこのこと。

仕事も家庭も関係なく、人間というのは一人では小さいことしかできないんです。だったらせめて、周りにいる人たちを尊重するという意識くらいは持ちたいですね。

1000万円稼ぐって、家族のためじゃなくて、自分のためでしょ?

こうなってくると、本当に家族を満足させるために稼いでいるのか、怪しいもんです。単に自分が1000万稼いでいると自慢したいだけじゃないですか?だって家族のことが見えているとは思えないですよ。

結局のところ、彼は自分大好きで、自分のために働き、そのついでに自分勝手な判断基準で家族を「満足させてやっている」と思い込んでいるのです。

相手の気持ちになってみてください。「食わせ方」「養い方」にも質というものがあります。極端なことをいうと、「年間1000万円あげるから、俺の奴隷になれ」って言われたら、どうですか?

いい気分になる人はいませんよね。「俺が食わせている」とか、割と近いこと言ってる気がしますけど。

ビジネスシーンでいうと、上司からあきらかに「俺の成果のために働け」感が出てたら反発したくなりませんか?自分の成果のために部下を利用するような上司なんて、誰がついていきたいでしょうか。飲み会があれば、会話の8割くらいがその人の悪口で占められる、酒の肴系上司ですね。

もともとは大切にしたいと思って、自分が選んで家族になったんだと思います。今一度、自分の今の態度が本当に相手のためのものなのか、きちんと考え直してはどうでしょうか。

スポンサーリンク

最後に:男性が家庭に与えられる価値は、お金だけじゃないですよ

お金を稼いでくるのも、家事や育児をするのも、家族という組織に対しては同じように価値があることです。

言い換えると、家族に与えることのできる価値は、お金だけではありません。

もし奥様が「年収が減ってもいいから、残業を減らして早く帰宅して家事をやってほしい。」というのであれば、そうするべきです。

「ありがとう」が毎日あるだけでいいという場合もあります。家事や育児について一緒に悩んでくれるだけでいい、という場合だってあります。これらはとっても簡単なことですね。

ビジネスの基本がそうであるように、相手の気持ちをよーく考え、相手が求めている価値を与えるべきです。これができる人は、ビジネスでは仕事ができる人、家庭では良い夫だと言われます。

なので、まずやるべきことは、夫婦で今後の家族運営について話してみることだと思います。

妻が一体何を求めているのか、そしてその実現性は?自分は何をやめるべきか?それとも妻に何をやめてもらうべきか?

妻のニーズを引き出し、自分の状況と照らし合わせ、最適なプランを提案してください。

仕事で運営会議をやるよりもずーっと簡単ですし、良い合意が得られれば今後「家事をやれ」などという無用の依頼をうけなくて済むようになるでしょう。自分自身も楽になります。

ビジネスにおける、価値に対する報酬は当然お金です。

では家庭の場合はというと「人生の楽しさ」です。

与えた価値の分だけ、自分の人生、もっと身近にいうと「普段の生活の快適さ」に跳ね返ってきますよ。与える価値が良いものであればあるほど、家族は自分の人生を楽しくしてくれるでしょう。

人間関係を改善するのはいつだって対話です。難しくないですよ。だって相手は人生のパートナーですから。

【寄稿者 穂北ヨシフミさんを紹介!】

今回の記事は、穂北ヨシフミさん(Twitter:@hokitayoshifumi)さんに寄稿していただきました。

私自身が主婦なので、男性の立場からバッサリ言い切っていただけると嬉しい。笑

お互いがお互いの仕事や家事を「当たり前」と思っていないか?感謝しているか?私はもっと夫に感謝の気持ちを伝えなきゃ!と反省です。

仮想通貨に関する情報を発信するブログ『意識低い系 仮想通貨』を運営されている、ヨシフミさん。

サラリーマンとして働くかたわら、家族との時間を確保するため楽して稼げる方法を模索し、現在は仮想通貨投資と仮想通貨についての情報をブログで発信することで収入を増やしていらっしゃいます。

リスクを減らすために超少額からスタートするので、彼のノウハウが主婦に人気というのも頷けます!

ヨシフミさん、今回はありがとうございました!^^

【ヨシフミさんの人気記事】

【初心者必見!】おすすめの仮想通貨取引所とそれぞれの稼ぎ方を紹介

>>#メリラボでは随時寄稿してくださる方を募集しています。詳細はコチラをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント

  1. […] 「夫年収1000万で妻は専業主婦。だから俺は家事しなくていい」にサラリーマンが物申す! […]

  2. とろろ より:

    >1000万円の内、何百万かは奥様の力によるものです。
    確かにその通り!

    >なら奥様がしている家事の何割かくらい、分担したらどうですか?
    ん?妻は家事で家計に実質貢献(半分の500万と仮定)、夫は仕事で家計に貢献(1000-500万で500万貢献)
    これでトントンじゃないの?
    さらに夫も家事をしたら家事で貢献している500万のうち半分が夫が貢献
    つまり妻は250万貢献、夫は750万貢献ってことになり明らかな不平等が生まれるのではないでしょうか?

    なんか自分で書いたことで論理破綻しているように思えます。

  3. マイアサウラ より:

    >世の中の男性はみんな、そうやって自分の稼いだ金で家族を養っている

     今どき、こんな偏見に納得する男性はいませんよ。共稼ぎが主流となった今、働く女性たちにもたいそう失礼な話です。

    >自分がそんな長時間働けるのは、家事をやってくれている奥様がいてのことではないですか?

     長時間労働で1000万稼ぐ男性って、だいたい帰宅して寝てまた仕事に行くというサイクルの繰り返しでしょ。その気になれば、ひとり暮らしに必要なシンプルな家事で済みます。家事をやってくれる専業主婦がいなくても、年収1000万稼ぐ人は稼ぎますよ。

    >奥様からも稼いできて「当たり前」と思われ、当たり前では満足できないから、家事もやってよって言われるんです。因果応報とはこのこと。

     因果は誰にでも降りかかります。「仕事も家事もせず、不満と要求ばかり並べ立てて横暴に振る舞う妻に嫌気がさした。離婚したい」と年収1000万円の夫に決意させかねない態度を取っているこの奥様にも、おそらく因果はめぐりますよ。

    >妻のニーズを引き出し、自分の状況と照らし合わせ、最適なプランを提案してください。

     家庭と会社やビジネスをいっしょくたにして論ずるのはいただけませんね。家庭と会社では、目的や機能が違いすぎます。家庭生活をビジネスと同じ視点で運営するなら、採算の悪い事業は切るという選択になります。「妻のニーズ」を満たすことで得られる利得が見込めなければ、夫にとって妻と離婚するのが「最適なプラン」であるという結論になりかねません。

    >お互いがお互いの仕事や家事を「当たり前」と思っていないか?感謝しているか?私はもっと夫に感謝の気持ちを伝えなきゃ! 

     落としどころとしては、この辺だろうなぁと思います。ただまぁ、このケースでは厳しいでしょうね。

  4. 意味わかんね より:

    俺思うにこれが年収1000万の仕事やめて年収500万の会社に勤めて家事やるよだから君も働いて500万稼いでねって言ったらうんの二つ返事しますかね?俺は絶対にしないと思う!
    家族養う必要無いなら別に年収1000万の仕事辛い思いしなくてもいいと思うんですよね俺も今の仕事辞めていいならとっくに辞めてます。でも今の会社より年収高いところが中々ないから我慢して稼いでます。嫁も今の生活水準は下げたくないってそれこそ家族のこと思って嫁は言ったと思いますよ!別に稼いでるから偉いとかないと思いますけどね。

  5. かず より:

    1000万簡単に稼げると思い込んでる時点で男の気持ちなんて分からんね。

    この記事は旦那が譲歩するしか離婚を防ぐ方法は無いと思った。
    納得して譲歩してるわけじゃなくね。

  6. とらぽん より:

    この「穂北ヨシフミ」氏とやら、突っ込みドコロ満載のトンデモ論を展開していますね。順にみていきましょうか。

    >世の中の男性はみんな、そうやって自分の稼いだ金で家族を養っているじゃないですか。「ふつう」なんですよ。ごくごく一般的。

     定職に就いていて、結婚を選択していない独身男性、結婚を希望していない独身男性は世にごまんといますよ。男性が「自分の稼いだ金で家族を養っている」ことは「ごくごく一般的」ではなく、ましてや「自分の稼いだ金で家族を養っている」ことは男性の義務ではありません。

    >高学歴で大企業に入れたけど能力は並以下、長く働いたがためだけに高収入になったパターン。僕の会社にもこういう人たちは山のようにいます。

    これは、データを見ただけですぐに虚偽だとわかりますね。平成28年度民間給与実態統計調査によれば、年収1000万以上の男性は、男性給与所得者全体の6%程度です。民間給与実態統計調査は全数調査ではなく、大企業労働者になればなるほど抽出率が高くなるというバイアスがかかっています。したがって、現実には年収1000万以上の男性は、男性給与所得者全体の3%程度がいいところで、「山のように」いるわけではありません。

    >育児休業を取ったことがある男性は、なんとたった2.65%なんです。40人に1人。すごく貴重ですね。1000万稼ぐ人よりも、かなり少ない。

     「育児休業を取ったことがある男性」と「年収1000万以上の男性」の数を比較する意味はよくわかりませんが、実際のデータに基づいて自然な形で推論すれば、両者はだいたい同じ数になるものと思われます。

    >すでに書いた通り彼は仕事できない人なので、年収1000万円は、まあ長時間労働の賜物でしょう。自分がそんな長時間働けるのは、家事をやってくれている奥様がいてのことではないですか?

     何の根拠があって相談者の男性を「仕事できない人」などと誹謗中傷するのか理解に苦しみますが、相談者の男性が長時間労働によって年収1000万を達成しているのが事実とすれば、自宅と職場の往復が基本的な生活スタイルになるでしょうから、この男性自身が必要とする家事需要はごく少ないはずです。生活の合理化という観点だけからすれば、奥様やお子様と別れて、この男性自身が必要最低限の家事をやるとしたほうが合理的という考え方も十分成り立ちます。

    >「稼ぐ」という価値活動に協力してくれている奥様が、「家事」という価値活動に協力してほしいといったら、やればいいじゃないですか。ギブアンドテイクです。

     この男性が年収1000万円を得るのに奥様がなさっている家事が必要不可欠、というわけではありませんので、この論は成り立ちません。年収1000万だと手取りは700万円強といったところでしょうが、もし、この700万円強の使途を奥様が基本的に決めているのだとすれば、この男性は奥様から不当な搾取をされているとさえみることも可能でしょう。

    >奥様からも稼いできて「当たり前」と思われ、当たり前では満足できないから、家事もやってよって言われるんです。因果応報とはこのこと。

     専業主婦の妻が年収1000万円の夫に「男が1000万稼ぐのは当たり前。当たり前では満足できないから家事もやれ!」などと言い放ったとして、これを夫の「因果応報」などと受け止める感性はどうかしているとしか思えません。人間性を疑いますよ。
     メリッサさんはどう思われますか?あなたのお嬢さんが幸運にも年収1000万円の男性と結婚し、悠々自適の専業主婦となっただけでは満足できず、その男性に対して「男が1000万稼ぐのは当たり前。当たり前では満足できないから家事もやれ!」と言い放っていたとして、それを聞いたあなたが「娘の夫の因果応報だ!もっと言ってやれ!」とお嬢さんの応援をしますか?

    >家族に与えることのできる価値は、お金だけではありません。もし奥様が「年収が減ってもいいから、残業を減らして早く帰宅して家事をやってほしい。」というのであれば、そうするべきです。

     前段はその通りですね。ですが、この奥様の夫に対する要求は「年収1000万を維持したまま、自分のやっている家事を肩代わりしろ」というものでしょう。この奥様が相談者の男性を大切な家族の一員とみなしていないのではないか、と疑われても仕方ないと思いますよ。

    >ビジネスの基本がそうであるように、相手の気持ちをよーく考え、相手が求めている価値を与えるべきです。

     多くの人は、生きる糧を得るための仕事をします。仕事は自己実現とか社会的なつながりという側面が確かにありますが、金銭の額で表示される収入を増やすという自己利益がメインの動機で仕事をやっている人が大半でしょう。顧客のニーズを満たすのは、それが会社の売上や利潤につながり、ひいては自分の収入や地位に反映されるからです。
     金銭的な自己利益を動機として家庭を持つというのは、この相談者の男性の奥様には当てはまっても、この相談者の男性自身には当てはまりません。この相談者の男性が金銭的な自己利益を基準に考えた場合は、「妻のニーズを満たす」よりは「妻との離婚」を選択したほうが合理的でしょう。この相談者の男性は家庭がなくても生きていけるでしょうが、失業すれば生活に支障をきたします。合理的に考えれば、「家庭はなくてもいい」という結論になるのが自然です。

    >与えた価値の分だけ、自分の人生、もっと身近にいうと「普段の生活の快適さ」に跳ね返ってきますよ。与える価値が良いものであればあるほど、家族は自分の人生を楽しくしてくれるでしょう。

     これは奥様にアドバイスすべき言葉ですね。

    • メリッサ より:

      とらぽんさん、コメントありがとうございます。

      どう思われますか?とあるので、お答えします。
      年収1000万の男性と結婚することが幸運かどうかはさておき、夫に対してそのように言っていたとすれば、「夫婦は鏡。お互い様の似た者夫婦だねぇ。」と思うでしょうね。
      思うだけで、何も言わないでしょうけれど。笑

      「与えよ、さらば与えられん。」と私は思っていますので、お互いがクレクレだとお互いにクレクレが返ってきて、やっぱり似た者夫婦ってことになりますね。
      ただ気付いた方・変えたいと思った方が先に与える側に回らないと、いつまでもこのループは止まりませんので、そういう意味では旦那さまが今の状況に疑問を抱いたのであれば旦那さまが先にクレクレから抜け出した方が相手に変わることを求めるよりも変化は早いし簡単だと思います。

      メリッサ